×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

静岡草薙球場


静岡県では一番の規模を持つ(と思われる)野球場。
この球場は歴史ある球場で、1934年に沢村栄治が大リーグ選抜に対し8回1失点と好投したこととしても有名です。
現在はパ・リーグオールスター(パ・リーグ東西対抗)の会場として定着しています。

正門の石碑。
ベーブルースと沢村栄治。
手前が沢村、奥がベーブルース。
外野の得点表示板。
球場1塁側内野席からレフト方向を撮影。
この日は東西対抗。何人かの選手が練習中。
開会前のホームラン競争。
ピッチャーは何と日ハムヒルマン監督。
そしてキャッチャーは何と千葉ロッテバレンタイン監督。
パリーグの2人の外国人監督がバッテリーという、ここでしか
見ることのできない光景。
「蘇る感動」
冒頭にも記載したとおり、1934年の日米野球のことが記されている。
今より70年以上前のことであるが、当時のことがしっかりと書かれている。

戻る