×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

野球観戦記7:パ・リーグオールスター2006<2006/11/5 静岡草薙球場>


※写真はすべて拡大できませんのでご了承ください。
また、やや時間が経っているため、試合内容はあまり深く踏み込めていません、申し訳ありません。
なお、選手名の敬称は略しています。


2006年もシーズンが終わった。日ハムが日本一になり、実家の家族はかなりの喜びようだった。
それに対し我が楽天は今年も最下位。しかし去年よりはいい成績(それでも47勝なのだが…)をあげたうえ、交流戦は健闘した。

東西対抗が11/5にあることは知っていたが、誰か一緒に行く人はいないか?ということで10月半ばになり一条←さんが
「ロッテファンだけど行きます」とのこと。
私とファンが違うとはいえ、東西対抗はロッテと日ハムと楽天で東軍を組むから、まあ、よしとしよう。
ということで今回は私と一条さんでいくことになった。珍しく連れがいるよ!!珍しく一緒に観戦する人がいるよ!!
と、喜んでいたのであった。

東西対抗も近づいた10/31のこと。一条さんからメールが。
「いよいよ東西対抗が近づいてきましたが、何と今回のが最後の東西対抗となってしまうそうです」
何と!!今年で最後とは!!これは大変である。こうなったら決行される事を祈ろう。

東西対抗前日。今度は一条さんの身内に不幸が。明日行けるか…と心配していたが、葬儀は週の中ごろなので、
とりあえず行く分には問題ない。あと、一条さんの友人で、一条さんと同じロッテファンであるIさんも参加することになった。
ただし、合流は当日球場でということになった。どうやら2人は先に行って場所取りやチケット購入などをするという。


11/5 天気晴れ。絶好の野球日和である。

朝5時に起きて5:40頃百合ヶ丘駅をたつ。
その後小田原経由でおよそ3時間で草薙駅到着。しかし草薙駅到着時点で11月にもかかわらずかなり暑い。
例によってビジター用レプリカを着用して球場まで移動。

9時20分過ぎに球場到着。

会場30分前なのにこんなに人が。
今回は外野で観戦することになっているので外野に回り一条さんを探す。初めて会うので不安だったが、無事合流。
一方Iさんは現在入場券を購入中。あとで合流するとのこと。

とりあえず客席に入り場所取り。



小池会長の挨拶時に大ブーイング。
私含め会場の殆どの人がブーイング。挨拶が全く聞こえない。

で、実はこの真相があるのだが、私も最初小池会長が2006年限りといったのかと思った。
が、実はこれは誤りという事を最近知った。今年で最後、というのは選手会の提案で、小池会長はむしろ続行派だったという。
最近は選手会の発言力がついてきているからなぁ…。お互いの言い分は理解できるのだが…。

まあ、それはともかく、始球式のあと試合開始。
とにかく東軍が着実に点を重ねていくのだが、打撃面では何故か我ら楽天の選手がブレーキになってしまっている。
結果的には東軍の勝利。(かなり時間が経っているので内容は忘れています。申し訳ありません)

  
外野席の様子はこんな感じ。もう少しいい写真があればよかったなぁ。
しかしながらこうやって見ると、去年同様ロッテファンの割合が高い。我が同志の割合は高くない。

で、東軍だから、うちら楽天だけでなく、ロッテのの応援歌も日ハムの応援歌も歌わないといけない。
あたり前であるが、こういうときじゃないと他球団の応援歌なんて歌うことはない。


終わった後の様子。
実は「2次会がある」というのを聞き、私も一緒に参加。
球場の外で各球団の応援団が勝手に(!?)声かけて1時間ほどの余興をやるようなもの。
順番はソフトバンク→西武→日ハム→ロッテ→楽天→オリックスの順である。

あまり写真を載せると個人特定になりそうなのでここでは写真省略するが、個人的に感じた印象。
東北人気質だの、成績云々というのもあるかもしれないが、
我が同志はおとなしい(良くも悪くも)

で、終わった後3人で記念撮影して、東海道線→小田急で帰宅。いい1日であった。


最後に、レポート記述が遅くなった事をお詫びします。
しかも内容もかなり手抜きで申し訳ありません。次回はまともなのをきちんと書きます。


戻る