×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マウンテンオフ 2007夏
〜台風直撃オフ〜


2007年7月13日(金)。恵友オフから2週間近く立った日のこと。
この日に有栖川さんと一条さん、ギミハンさん、ABSさんと私の5人で「名古屋に行こう」ということで以前から計画を立てていた。

このとき、有栖川さんは先発隊ということで12日(木)夜に名古屋に向かい、他4人は仕事などがあるため13日夜に名古屋に向かうことにした。
このとき使う交通手段は……何と私の車。行きは4人、帰りは5人で移動することになった。
7月に入る前にホテルの予約なども済ませ、私の車にもETCを装着。
今にして思えば、まさかこの日、台風が来るとは…。


7月12日。有栖川さん出発。この時点での天気は東京も曇り。
しかし、この段階で台風4号は13日〜14日にも本州に上陸することが予想される。
最悪の場合、取りやめもありうるわけだが…とはいえ、こんな状況下で行くという判断を下した。
天候が酷くなれば引き返すという条件付である。


7月13日。私は仕事を終え、五反田から新宿に向かう。外は曇りだが、明日あさってには関東に上陸するようだ。
とりあえず新宿駅で一条さんとギミハンさんを待つ。
一条さんとは無事合流できたが、ギミハンさんとは合流できなかった。
私が指定したのは西改札前だったが、ギミハンさんは新南改札にいたのだから驚きだ。
結局2人で移動してギミハンさんと合流。その後夕食を食べて小田急で私の家(当時)まで帰宅する。

21:30頃百合ヶ丘駅到着。しかし私の家は小高い丘の上にある。そこまでは歩いていくしかない。
ギミハンさんは後日「こんな所で登山するとは」と思っていたが、仕方が無い。これも登山だ!!

自宅帰宅後、一条さんとギミハンさんはパワプロ12をプレイ。
(一条さんはオリックス、ギミハンさんは西武)
その間私はシャワーを浴びたり準備したりして、出発を待つ。
あと、出発前の天候調査。どうがんばっても名古屋に着くまでに台風の強風圏内に入ってしまう。
また、台風が近づくと東名のあの区間が必ずと言っていいほど通れなくなるので、本来の予定を変更し
東名経由から中央道経由に変更する。

また、ABSさんとの待ち合わせ場所は、登戸駅にしていたが、コース変更により府中本町駅に変更。

が、JPのせいで出発が遅れてしまう。
結局ABSさんと合流したのが23時ごろ。予定時刻を15分ほどオーバー。

府中本町駅にて。ABSさんは私の車がすぐわかったらしい。
そのABSさん、私の車を見てホワイトボードを出している。そこには…「ウホッ、いい車」と。
ABSさんを車に乗せ、中央高速を目指す。
国立府中インターから高速に乗ったが、私の車にあるETC初デビュー。
果たして大丈夫なのか?と思ったが、問題なく通過。
通過の時一条さんは「アメリカ横断ウルトラクイズのあのゲート(=ハワイ到着時のゲート)みたいだ」と。
そのまま中央道を西進し、第1チェックポイント談合坂SAにて休憩。まだこの段階では雨は降ってない。

しばしの休憩の後、また西進。2時間ほどで第2チェックポイント、諏訪湖SAに到着。(午前2時ごろ)
このあたりから雨が少しづつ降ってくる。
私もここでソフトクリームを食べる。この諏訪湖SAで一条さん、コケモモジュースなるものを飲む。
そして、一条さんはおもむろにSA内にある伝言版(ホワイトボード)に、
「おいしかったよ。食っちゃったー!」と書いていた(多分)。
この掲示板の内容は4時間後の6時以降に消されたと思われる…。

その後、名古屋方面に高速を飛ばすが、恵那山トンネルを過ぎて暫く走ると、何と午前3時半という時間帯なのに渋滞している。
事故による渋滞らしいが、まさか、こんな時間帯に渋滞するとは思わなかった。

午前4時頃、恵那峡SAに到着。ここをキャンプ地とする。
(実際はここで仮眠を取ったわけだが)
仮眠を取る4人である。が、私はあまり寝れない。
どうやら台風の行方と運転手としての緊張からなのかもしれない。

<第1章終わり>


オフレポその2へ

オフレポトップに戻る